スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発掘四日目 ~根っこと秋刀魚祭り~

0908311

本日の朝食は昨日釣った大物カジカを調理したフレークが追加。
身がプリップリでおいしい。


昼食のハムは富裕層ハムと呼んでいる高いハム。
0908312

コショウがワンポイントで大変よろしい。


地上の伐採はひと段落したものの、地下の伐採に一苦労。

0908314 
0908313

切り株と木の根と格闘し続け、ある程度は取り除くことに成功。
にしても、三つ切り株がつながっているとかひどすぎる。
腰の危機です。
そして去年から使っていたチェーンソーの刃も交換時期となりました。
土を一緒に切ってしまったせいで磨滅してしまったのではなかろうか。


現場明けに少々の降雨。
そのおかげで、温根沼にかかる虹が見えた。

0908315

夕暮れのなかではっきり綺麗に見れるとは…運がよいね。



本日の夜は秋刀魚祭り。
献立は、ご飯、秋刀魚(炭火焼き)、秋刀魚(刺身)。

0908316 
0908317

余計なものなど必要ない。
脂ののった秋刀魚があれば勝てる。
特に一味を入れた醤油につけて食べる刺身は絶品。
飛騨高山の純米酒、沖縄の泡盛、北海道のシングルモルト余市と日本中の酒と共に味わう。
秋刀魚28匹を10人で平らげることに成功。
北海道ならではの誠に贅沢な食卓です。

…しっかし、30匹で2000円とは…物価がぶっ壊れておるわ…。
スポンサーサイト

発掘三日目~開拓隊~

本日の朝食は新たに作ったいくらに、昨日の北海しまえびの頭と殻からとった味噌汁。

0908301

甘いエビの味がたまらない。


作業は昨日の続きで、貝層が広がっていると思われる範囲の伐採。

0908312

10本以上倒し、暗かった林の中のトレンチがとても明るくなった。
これでは雨が降ったら即作業を切り上げねばなるまい。


昼飯はいつもと同じくお手製サンドウィッチであるが、本日はハムが違う。

0908313

根室へ来る際、池田ICで降りてワイン城で購入した超富裕層なハム。
しっかりとしたハムの味と歯ごたえに癒される。


夕飯は安かったカキの酒蒸しとカレー。

0908314  
0908315

このサイズが1個50円とは…おそるべし根室。
味も愛知の居酒屋では味わえないおいしさ。



さて、発掘後に天気が良ければ温根沼港にて糸を垂らすのが関江谷調査隊クオリティ。
そのとき釣った魚で、やけにでかいカジカがいたのでパチリ。

0908316
30cmオーバーの大物です。
やりおるわ。

二日目午後

発掘後は、港にて釣り。
釣った魚は食卓に上ることになります。
毎年釣れるカレイはなく、ガヤ(エゾアイナメ)が初めて釣れた。

0908296

海に沈む夕日が綺麗。


今晩のご飯は、釣ったばかりのカジカ入り味噌汁、鶏肉と大根の煮物、北海しまえび、北海道で一番売れてるキムチ。

0908293

カジカの味がしっかりとする味噌汁です。
また差し入れでいただいた北海しまえびは相変わらずおいしい。

0908297

漁期は7月から開始で、すでに終盤。
地元の魚屋ではまだ並んでいるが、スーパーでは数が少なくなってきたとのこと。

KAT-TONが持ってきた沖縄の泡盛(宮西でパクッた余ったものをいただいた)を飲みながら、北のものを食べる。
贅沢な食卓である。

二日目の昼まで

二日目の朝食は、昨夜の残りをコンソメでアレンジしたスープにいつものセット。

0908291

コンソメが効いておいしいスープだった。


昼食は基本的にサンドウィッチ。

0908292

本日はトマトがプラスされた。


昨日の貝層があたったトレンチを拡張し、軽く清掃。

0908294

出てきた貝種は、アサリ、オオノガイ、ウバガイ(通称ホッキ貝)。
現時点ではウバガイが主体。
割れている貝が多く、ピンポールを刺すとザクザク入っていくことから、一度掘られて埋められたものの可能性が高くなった。
一度も掘られていない貝層であれば、貝は8割ぐらい割れておらず、ピンポールも簡単には入らない。
ここが記載のある貝塚地点であるかどうか…まだ不明。


私自身は本日、樵とトレンチ掘りに精を出した。
林の中の遺跡のため、木を切らないと作業が捗らない。

0908295

切った木が直撃するイベントに見舞われたが、無事に予定していた木を切り倒した。
トレンチ周辺を切るだけで、明るさが相当違う。
明日以降も木と戦うことになりそう。

トレンチからは骨片2点と土器片1点が出土。
それ以外はまったく見つからず、堆積状況もプライマリーなトレンチであった。
明日には掘り切りたいところ。

初日の状況

本日の成果は、探していた貝層と思われる貝層をいきなり発見。

0908281

貝が表土直下に散らばっていた。
掘り上げた土をふるいにかけてみると、細かい擦文の土器片が残る。
擦文の土器は住居址の床面近くで出ることが多いため、こんな上層で出ることは珍しい。
以前掘って埋めたせいか。
雨・曇りのため、早めに切り上げ。
林の中の作業のため、日が傾くと途端に暗くなる。


晩御飯は

0908282

シチューにかすべの煮つけ。
かすべとはエイヒレのことで、軟骨部分まで食べれます。
一部の大きい軟骨は残して、グリルで焼く。

0908284

マヨネーズ一味入りをつけて食べると、さらにうまい。
発売されたばかりの秋味がよく進みます。


夜食はスーパーで見つけた花咲蟹。

0908283

とても安く買えるのが現地の魅力。
久しぶりの味に感動しつつ、純米吟醸の日本酒をいただいた。
とてもおいしゅうございました。

発掘初日のご飯

温根沼発掘初日の朝食。
昨日に漬けたいくらに、味噌汁、生卵、納豆。
ご飯が進むおかずばかりです。

朝090828


昼は現場から宿に戻って食事。
スピィーディーにできるサンドウィッチ。
具材はハム、レタス、キュウリ。
北海道の名産、カツゲンと共にいただきます。

昼090828

発掘前日

明日よりN大学N研究室の発掘調査開始。
北海道は根室で行うため、本日より根室に入って準備を行う。
これから発掘の様子や食事風景をレポートしていきたいと思う。


本日の夕食は

夕食0908271  夕食0908272

ごはん
ゲソ味噌汁
いかごろ
ザンギ

いかごろは買い出しで見つけた刺身用を使用。
ご飯が進むお味です。
ザンギは釧路のザンギ専門店にていただいたお土産。
レンジという文明の利器がない宿舎のため、魚焼き用グリルにて焼成温めて食す。
店で食べたアツアツには及ばないが、十分おいしいザンギであった。


食後は図面をもとに作戦会議。

会議090827

明日は周辺をぐるっと一周見て回った後、トレンチを設定し、さっそく掘削する予定。
雨が降らないことを祈る。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

N雑

Author:N雑
動物考古学専攻の大学院生。
様々な時代・分野に首を突っ込んでいます。
メインはオホーツク文化。よく北海道に出かけています。
ボーイスカウト活動にも携わっています。
お酒が好きです。

カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QRコード
QRコード
グーバーウォーク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。