スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八雲町の貝塚調査

 本日は八雲町に移動し、夏に発掘された浜中1遺跡から出土した貝塚の資料の整理をお手伝い。
続縄文時代の恵山期のもので、見た限りではオホーツク文化の構成よりも縄文時代の構成に近いそうな。
しかし近くには絶好のウニ採集場があるにもかかわらず、貝層中にウニ破片が含まれていないのが不思議。
ウニの採れる時期にこの貝塚が作られなかったのか、ウニは別の場所に捨てていたのか、食べなかったのか…。
報告書は今年度末に絶賛発売予定。

 そして八雲町で思いがけない資料に出会う。
モヨロ出土骨斧1
道南の八雲町から遠く離れた道東の網走市のモヨロ貝塚出土の骨斧。
モヨロ貝塚の初期の発掘の終わった昭和30年ごろに、地元の人が持ち帰ってきたという品。材料は鯨。
モヨロ出土骨斧2
かなり使い込まれており、先端部は磨耗が激しい。
 まさかこんなところであのモヨロの資料に出会うとは思いもしなかった。
遺跡から散逸したものの無事保護され、良き哉良き哉。

 またここにはなかなかお目にかかれない機械が導入されている。
ビジョンドラフティングシステム VD-Ⅰ ビジョンドラフティングシステム VD-Ⅱ
第一合成という考古学関係の道具類を販売している会社の、ビジョンドラフティングシステムという実測補助機械。
遺物に向けたカメラの画像をモニタに映し、そのモニタにはシャープペンに相当する点が設定されており、シャープペンを動かすとカメラも移動するので、画面上の画像をなぞっていく感覚で実測図が描けるというシステム。
写真の左側は主に土器用、右側は石器用とのこと。
このような機械があるとは知らなかった。
ちなみにお値段、購入は百ン万円。リースという手もあるそうです。


パリジャンハンバーグ
 お昼は向こうの学芸員の方に連れられて、おいしいと評判のイタメシ屋へ。
八雲牛&八雲豚を使用したハンバーグが看板メニューとのことで、パリジャンハンバーグを注文。
パリジャンの所以はクリームソースとチーズ。
味は濃厚でくどいぐらいだったが、意外にパクパク食べてしまった。
クリームソースとチーズではあまり味にインパクトがなく、スパイスやソースをかけたくなってしまったが、結局かけることなく完食。
…今この記事を書くために味を思い出しているわけだが、インパクトがあまりなかったにもかかわらずなぜか食べたくなってくる不思議な味のハンバーグであった。
また器もきちんとした鉄で作られているようで、食べている間ほとんど冷めなかった。
お店の雰囲気もよく、今度来る機会があれば是非寄りたいと思える店であった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

N雑

Author:N雑
動物考古学専攻の大学院生。
様々な時代・分野に首を突っ込んでいます。
メインはオホーツク文化。よく北海道に出かけています。
ボーイスカウト活動にも携わっています。
お酒が好きです。

カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QRコード
グーバーウォーク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。