スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事(院)始め

 仕事(アルバイト)始めは5日の月曜からですが、それより一足早く大学院での仕事開始。
昨年末からとある遺跡のブロックサンプルの分析が入り、年末年始はずっと一次分類に追われておりました。

少し説明すると…
 ブロックサンプル法とは、主に遺跡の貝層や魚骨層において、貝や魚骨の残りの良い部分を定量的に取り出してきて、そのサンプル中に少なくともどの種がどの位の量含まれているかを調査し、それを基に遺跡に埋蔵している貝や魚骨の全体量を類推する方法です。
 例えば貝塚ならば、本当は遺跡に含まれる貝層を全て持ち帰り、どの種がどの程度含まれているか調査すべきですが、金銭的にも時間的にも現実的ではないため、遺跡から切り取った一部分から全体を考察するこの方法がよく採用されます。
 一次分類とは、採集してきたサンプルの中には、種を確定するのに必要な部分とそうでない部分があるので、それを分ける作業のことです。
遺跡からそのまま切り取ってくるため、層の構成のほとんどが魚骨ばかりの魚骨層であっても、貝や哺乳類の骨、黒曜石のチップ等いろいろ入ってます。それもざっくりと分けてしまいます。
 このあと種ごとに分けて、個数を数えていくわけです。
その個数から、サンプル中には最低何個体が含まれているのかを求めます。

 魚骨がメインのブロックサンプルの分類は初めてのためかなり時間がかかってしまいましたが、篩に残った分は締め切りだった今日までに分類が終わり、ちょっと一息。
先生にクロスチェックしていただいていますが…結果を聞くのが怖いです。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N雑

Author:N雑
動物考古学専攻の大学院生。
様々な時代・分野に首を突っ込んでいます。
メインはオホーツク文化。よく北海道に出かけています。
ボーイスカウト活動にも携わっています。
お酒が好きです。

カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QRコード
グーバーウォーク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。