スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縄文時代後期の貯蔵穴群

 昨日、豊田市にて大規模なで良好な貯蔵穴群が出たとの話を聞き、研究室の先輩と先生と某大学教授と共に遺跡見学へ。
名は千石遺跡。
場所は豊田スタジアムの直ぐ近くで、川と自然堤防の中間あたりになる。

遺跡から豊田スタジアムを望む

 この遺跡では、古代の遺構の下から縄文時代の貯蔵穴が40基ほど検出された。
水が湧くため貯蔵されていたトチやドングリ、クルミといった木の実が良好に保存されていた模様。
ちょうど見学させていただいている最中に、称名寺式の初頭の土器が出土。
これまでに出土した土器形式から考察すると、縄文時代後期に継続的に利用されていたようである。
(一時期断絶があるかもしれないが)

豊田04

豊田05
保存状態は良好で、種類もたくさんある模様。分析結果が楽しみです。


豊田02
これだけ大規模な貯蔵穴群は東海最大規模。標識遺跡となるかもしれません。

 また、道を挟んで反対側の自然堤防付近には寺部遺跡という先日報告書が出された同じような時期の遺跡があり、そことの関係が気になるところ。
集落から少し離れた、水の湧く湿地帯に貯蔵穴を作り、水につけて堅果類を保存することで虫が涌くのを防いだのだろうか。

豊田06

 とても良い遺跡を見学させてくださり、ありがとうございました。 
スポンサーサイト

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N雑

Author:N雑
動物考古学専攻の大学院生。
様々な時代・分野に首を突っ込んでいます。
メインはオホーツク文化。よく北海道に出かけています。
ボーイスカウト活動にも携わっています。
お酒が好きです。

カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QRコード
グーバーウォーク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。